« 親鸞の遺骨?が木像胎内から 京都・常楽寺 | トップページ | 上村愛子、5連勝で有終の美 スキーW杯モーグル »

サンテグジュペリ@星の王子さまは、撃墜されていた

童話星の王子さまで知られるフランスの作家アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ(1900~44年)が最後に操縦していた飛行機は、ドイツ軍戦闘機に撃墜されていた-。

Photo_5 15日付の仏紙プロバンス/電子版は、戦闘機に乗っていた元ドイツ軍パイロットの証言を報じた。
証言したのはホルスト・リッパートさん88。

第二次大戦中の44年7月31日、南仏ミルの飛行場を出発、トゥーロン付近でマルセイユ方向へ向かう米国製P38ライトニング戦闘機を発見した。

「接近して攻撃を加え、弾が翼に命中した。機体は一直線に海へ落ちた。機内からは誰も飛び出さず、パイロットは見なかった。それがサンテグジュペリだったことを数日後に知った」と同紙に語った。

リッパートさんは「サンテグジュペリの作品は大好きだった。彼だと知っていたら、撃たなかった」と話した。(時事通信)

|

« 親鸞の遺骨?が木像胎内から 京都・常楽寺 | トップページ | 上村愛子、5連勝で有終の美 スキーW杯モーグル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40526593

この記事へのトラックバック一覧です: サンテグジュペリ@星の王子さまは、撃墜されていた:

« 親鸞の遺骨?が木像胎内から 京都・常楽寺 | トップページ | 上村愛子、5連勝で有終の美 スキーW杯モーグル »