« KDDI、緊急地震速報をauの携帯向けに配信 | トップページ | 落札は真如苑 運慶の木造大日如来坐像、一般公開へ »

2008/03/25

親鸞思想の再検討、750回忌法要前に 浄土真宗

浄土真宗の宗祖親鸞の750回忌の主な法要が、11~12年にかけて営まれるのを機に、思想の再検討が進んでいる。明治以降に本格化した親鸞研究が、新たな資料解釈などにより転換点を迎えているからだ。

Photo_2 親鸞は、やや後の道元日蓮らとともに、鎌倉の仏教改革運動を進めた宗教家とされるが、近年の研究で親鸞らの教えは、当時の社会にあまり影響を及ぼしていなかったことが分ってきた。

親鸞や師の法然らが批判した真言宗や天台宗など旧仏教の影響力が依然として強かったことが、資料などから裏付けられたからだ。

例えば、親鸞思想の革新性とされる悪人正機説法然が唱えたことは知られてきた。その法然より前に、旧仏教が
「どんな悪人も念仏を唱えれば極楽往生できる」と説き、民衆に信じられていたことが、平安期の貴族の日記や歌謡集梁塵秘抄から浮かび上がっている。こちらへ続く【アサヒ・コム】

本願寺関連記事

      親鸞の遺骨?が木像胎内から 京都・常楽寺

     

|

« KDDI、緊急地震速報をauの携帯向けに配信 | トップページ | 落札は真如苑 運慶の木造大日如来坐像、一般公開へ »

コメント

tenjin95 様
>開祖とか宗祖といわれる人は‥理想的な姿で理解されてしまう‥
心の拠り所として、そうなりがちなんでしょうね。
「悪人正機説」が『梁塵秘抄』の歌謡から浮かび上がっているとは考えもしなかったことでした。

投稿: 大滝三千夫 | 2008/03/26 11:49

> 管理人様

こういう作業は、どの教団でも必要なことですね。どうしても、開祖とか宗祖といわれる人は、後代の信者にとって理想的な姿で理解されてしまうものですから。

投稿: tenjin95 | 2008/03/25 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親鸞思想の再検討、750回忌法要前に 浄土真宗:

» 『梁塵秘抄』と悪人正機説 [つらつら日暮らし]
『梁塵秘抄』に見える阿弥陀信仰を見ていきます。 [続きを読む]

受信: 2008/04/11 10:26

« KDDI、緊急地震速報をauの携帯向けに配信 | トップページ | 落札は真如苑 運慶の木造大日如来坐像、一般公開へ »