« シー・シェパード非難声明を採択 IWC中間会合 | トップページ | エビ&もえ&優 が久々の共演 CanCan+AneCan »

2008/03/10

土佐礼子と野口みずき、中村友梨香が北京五輪へ

北京五輪で3連覇が懸かる日本の女子マラソン代表トリオは、昨年の世界選手権銅メダルで既に決定済みの土佐礼子のほか、アテネ五輪金メダルの野口みずき、そして21歳の新星中村友梨香で決まる見通しとなった。

安定感と粘りが身上の土佐礼子に加え、昨年11月の東京国際を2時間21分37秒の大会新記録で制した野口みずきは確実。

1枠を争った名古屋の最終決戦で、中村友梨香は初マラソンながら有力選手を押しのけて優勝したが、2時間25分51秒のタイムは1月の大阪国際で日本勢トップの2位に入った森本友の2時間25分34秒を17秒下回る。

だが、日本陸連の沢木啓祐専務理事は
「これだけのメンバーで勝ったことを尊重したい。30kmからのタイムは極めて速い。(選考は)記録だけでない部分もある」と高い評価を与えた。

森本友の走りは粘りの半面、勝負への消極姿勢を問われ、日本陸連内でレース内容に対する評価が高いとはいえない。〔共同〕

男子は、昨年の世界選手権5位の尾方剛と福岡国際で日本勢最高の3位になり、今回の選考会中最高の2時間7分13秒をマークした佐藤敦之、世界選手権6位で2日のびわ湖毎日で3位になった大崎悟史が選ばれた。

北京の空と大気が、マラソンランナーにとって快適なものでありますように!


|

« シー・シェパード非難声明を採択 IWC中間会合 | トップページ | エビ&もえ&優 が久々の共演 CanCan+AneCan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐礼子と野口みずき、中村友梨香が北京五輪へ:

» 【北京五輪】マラソン日本代表が決定 [あれこれ随想記 ]
五輪代表に土佐、野口、中村…女子マラソン(読売新聞) - goo ニュース 女子はすでに内定していた昨年の世界選手権3位の土佐礼子(三井住友海上)、東京国際を制したアテネ五輪金メダルの野口みずき(シスメックス)、9日の名古屋国際で初優勝した中村友梨香(天満屋)。  男子は昨年12月の福岡国際で2時間7分13秒をマークした佐藤敦之(中国電力)、昨年の世界選手権5位の尾方剛(中国電力)、びわ湖毎日3位の大崎悟史(NTT西日本)の3人。 北京五輪のマラソン日本代表が決まりました。 女子は、土佐礼子・野... [続きを読む]

受信: 2008/03/11 21:49

» 北京五輪 マラソン代表決定!  [FREE TIME]
北京五輪のマラソン代表、男女各3名が決定しました。 [続きを読む]

受信: 2008/03/12 08:46

« シー・シェパード非難声明を採択 IWC中間会合 | トップページ | エビ&もえ&優 が久々の共演 CanCan+AneCan »