« エリオット・スピッツァーNY州知事、売春宿の常連 | トップページ | NASA、土井隆雄さん搭乗のエンデバー打ち上げ »

立花隆さん、がん手術の手記を文芸春秋で発表

評論家の立花隆さん/67が、10日発売の月刊誌文芸春秋4月号に「僕はがんを手術した」と題する手記を寄稿し、昨年12月27日にぼうこうがんの手術を受けていたことを明らかにした。

Photo_3

手記によると、立花隆さんは12月3日夜、事務所で徹夜の仕事中に大量の血尿があり、翌日、東大病院で検査を受け、膀胱癌と宣告された。
がんは中期まで進んでいたが、「膀胱全摘というような事態におちいることは避けられた」としており、現在は術後の療法を週1回ペースで受けているという。

立花隆さんは文芸春秋勤務を経て独立。
著書に「田中角栄研究」「脳死」「臨死体験」など。(共同)

|

« エリオット・スピッツァーNY州知事、売春宿の常連 | トップページ | NASA、土井隆雄さん搭乗のエンデバー打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40463212

この記事へのトラックバック一覧です: 立花隆さん、がん手術の手記を文芸春秋で発表:

« エリオット・スピッツァーNY州知事、売春宿の常連 | トップページ | NASA、土井隆雄さん搭乗のエンデバー打ち上げ »