« ビートたけし&松本人志 東京スポーツ映画大賞授賞式 | トップページ | サイレント・バンカーvsネットバンキングユーザー »

黄砂、今年初の観測 東日本や東北地方へ広がるおそれ

日本列島は3日午前、西日本を中心に、今年初めての黄砂が観測された。
黄砂は4日にかけて東日本、東北地方まで広がるおそれがあり、気象庁は視界が悪くなるとして、交通機関などに注意を呼び掛けている。

Photo_6気象庁によると、3日正午までに黄砂を観測したのは九州と中国地方の全域と、東海、北陸、東北地方の一部地域。

黄砂の範囲は今後、東に広がり、西日本や沖縄・奄美で、視程/見通しが利く距離が5キロ未満になるおそれがある。

東日本のピークは同日の日中で4日も黄砂が予想されるが徐々に弱まり、同日夜には解消する見込み。  

黄砂は中国大陸の砂が偏西風に運ばれ、空が黄色く霞んで見える現象。

|

« ビートたけし&松本人志 東京スポーツ映画大賞授賞式 | トップページ | サイレント・バンカーvsネットバンキングユーザー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40362540

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂、今年初の観測 東日本や東北地方へ広がるおそれ:

« ビートたけし&松本人志 東京スポーツ映画大賞授賞式 | トップページ | サイレント・バンカーvsネットバンキングユーザー »