« サントリー音楽賞、作曲家の細川俊夫氏に決まる | トップページ | 不惑目前の野茂英雄、トルネードを捨てメジャーへ »

気象庁、桜/ソメイヨシノの開花予想を発表

気象庁は5日、桜/ソメイヨシノ開花予想を発表した。最も早く開花しそうなのは高知市、静岡市、大分市の3月26日。
東日本は平年並みだが、西日本は遅めという。

Photo西日本では大阪市と神戸市が平年より2日遅い4月1日。高松市、松山市、広島市も平年より1日~3日遅い。
東京都心では平年より1日早いと予想している。

日本気象協会は西日本の開花は平年並みと発表した。

Photo_2この冬、西日本では昨年12月の平均気温が平年に比べ1.3度、今年1月が0.7度高かった。このため気象庁は、西日本では花芽の成長を起こす休眠打破が遅れていると判断。

2月の寒さも影響し、鹿児島市の開花は平年より6日遅い4月1日、和歌山県串本町潮岬は5日遅い4月2日と予想した。

今年の開花予想は測候所の無人化に伴い、79カ所から68カ所に減る。

日本気象協会とは→ コチラ      ★ついでに気象庁HP


|

« サントリー音楽賞、作曲家の細川俊夫氏に決まる | トップページ | 不惑目前の野茂英雄、トルネードを捨てメジャーへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40393097

この記事へのトラックバック一覧です: 気象庁、桜/ソメイヨシノの開花予想を発表:

« サントリー音楽賞、作曲家の細川俊夫氏に決まる | トップページ | 不惑目前の野茂英雄、トルネードを捨てメジャーへ »