« シンドラー氏が救ったユダヤ人が再会 ポーランド | トップページ | 中国でユーチューブ閲覧不可、チベット騒乱掲載後 »

2008/03/18

最古の貨幣・富本銭に新種 藤原京跡

日本最初の貨幣富本銭ふほんせんで、従来のものに比べて字体や厚みなどが異なるタイプが、藤原宮跡で出土した地鎮具のつぼの中から見つかった。奈良文化財研究所が17日、発表した。

Photo_2専門家は複数の工房が存在していた可能性などを指摘、不明な点が多い富本銭の実態に迫る発見としている。地鎮具は、天皇が執務した大極殿院南門近くの回廊跡で昨年10月に発見された。

X線コンピューター断層撮影/CT装置で透視したところ、中に富本銭水晶が九つずつあり、調べていた。

Photo_3取り出した富本銭(直径2.44cm、厚さ2.7mm)は、飛鳥池遺跡などで見つかっていたものと異なっていた。
の字は飛鳥池では丁寧な隷書れいしょ風で、うかんむりだが、藤原宮跡では略式の行書風のわかんむり。
「口」と「田」の左端が1本の線でつながっていた。

Photo_4 中央の四角い穴のふちの線が太く、銅銭自体もやや厚くて飛鳥池のものの約1.5倍の6.7gあった。
成分分析の結果、富本銭の特徴とされるアンチモンの含有量が極めて少ないものが9枚のうち4枚あった。

一方、水晶9個(長さ2~4cm)は風化もなく、つぼに入れられた1300年前の光沢がよく残った状態だった。

富本銭水晶は、18日~4月18日に橿原市の同研究所藤原宮跡資料室(土、日曜休館、29日は開館)で展示される。

|

« シンドラー氏が救ったユダヤ人が再会 ポーランド | トップページ | 中国でユーチューブ閲覧不可、チベット騒乱掲載後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最古の貨幣・富本銭に新種 藤原京跡:

« シンドラー氏が救ったユダヤ人が再会 ポーランド | トップページ | 中国でユーチューブ閲覧不可、チベット騒乱掲載後 »