« メイプルソープ氏の写真集、わいせつ物ではない | トップページ | 謎の切石を取り外す 高松塚壁画発見のきっかけ »

菅直人vs麻生渡・東国原英夫 暫定税率廃止是か非か

民主党と知事会、道路特定財源で火花・都内で公開討論会 

Photo_3道路特定財源の暫定税率廃止の是非を巡り、民主党の菅直人代表代行、全国知事会長の麻生渡福岡県知事、東国原英夫宮崎県知事らが19日午前、都内で公開討論会に臨んだ。

麻生渡氏は「暫定税率を廃止すれば地方の収入が1兆6000億円減る。既に着工した道路の整備や維持の予算にも窮してしまう」と強調。

東国原英夫氏は道路特定財源を一般財源化するとの民主党案に関し「自動車ユーザーが払う税金が一般財源になれば課税根拠がなくなる」と批判。

これに対し菅直人氏は「道路財源は国土交通省と(自民党の)道路族の力で配分されている。公平で公正な、透明性の高いルールを一緒に考えて欲しい」と制度改革の必要性を訴えた。(NIKKEI NET)

|

« メイプルソープ氏の写真集、わいせつ物ではない | トップページ | 謎の切石を取り外す 高松塚壁画発見のきっかけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40193222

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人vs麻生渡・東国原英夫 暫定税率廃止是か非か:

« メイプルソープ氏の写真集、わいせつ物ではない | トップページ | 謎の切石を取り外す 高松塚壁画発見のきっかけ »