« サッカー東アジア選手権 日本、1―0で中国に勝利 | トップページ | 出会い系、子供からの誘い61件摘発 援助交際 »

猛毒パラチオンも検出 CO・OP 手作り餃子

天洋食品製の冷凍ギョーザによる中毒事件で、日本生活協同組合連合会は20日、みやぎ生協(仙台市)が昨年10月に回収したCO・OP 手作り餃子(ギョーザ)(07年6月3日製造)1袋の包装材から、高濃度の有機リン系農薬成分ジクロルボスが検出されたと発表した。

また、同じ袋からは、今回の事件で初めて、有機リン系農薬成分のパラチオンパラチオンメチルも検出された。

Photo_4検出された農薬成分の濃度は、ジクロルボス180ppm▽パラチオン1.6ppm▽パラチオンメチル1.1ppm。
食品業界関係者によると、パラチオンパラチオンメチルは残留性が高く、今回の濃度は残留農薬の疑いが強いという。

高濃度のジクロルボスは、コープあいづ(福島県喜多方市)が回収した同じ製造日の手作り餃子1袋のギョーザの皮(110ppm)からも、今月5日に検出された。

生協連によると、今回の1袋は昨年10月31日、みやぎ生協組合員から「焼いて少し食べたら薬品のような味がした」と苦情があり、回収された。

輸入元のジェイティフーズは、揮発性のにおいがすることから包装材に問題があると判断し、包装材から有機溶剤のトルエンなどを検出したが、農薬検査はしなかった

中毒事件発覚後、生協連が検査機関にあった包装材の残りを農薬検査したが、袋を切り刻んで検査したため、内側と外側のどちらに付着していたかはわからないという。

生協連などによると、パラチオンパラチオンメチルは殺虫剤として使われた。日本ではともに70年代初めに農薬としての登録が取り消され、毒劇物取締法で研究目的での使用に限られる特定毒物となっている。

中国でも現在、使用が禁じられている。

|

« サッカー東アジア選手権 日本、1―0で中国に勝利 | トップページ | 出会い系、子供からの誘い61件摘発 援助交際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40205602

この記事へのトラックバック一覧です: 猛毒パラチオンも検出 CO・OP 手作り餃子:

« サッカー東アジア選手権 日本、1―0で中国に勝利 | トップページ | 出会い系、子供からの誘い61件摘発 援助交際 »