« 迷惑メール送信で、椎名勇気容疑者を逮捕 | トップページ | 万能細胞のがん化、ほぼ回避 京大の山中伸弥チーム »

オウム元幹部・林泰男の死刑確定へ 最高裁、上告棄却

地下鉄サリン事件の実行犯の一人で殺人などの罪に問われたオウム真理教元幹部林泰男被告(50)の上告審で、最高裁第二小法廷(古田佑紀裁判長)は15日、林泰男被告の上告を棄却する判決を言い渡した。

オウム真理教による一連の事件の死刑確定は5人目。

Photo地下鉄サリン事件の実行犯では横山死刑囚に次いで2人目。
第二小法廷は「不特定多数者を無差別に殺害するテロ行為を企てた犯行で、法治国家に対する挑戦だ」と指摘。

林泰男被告がサリンを散布した路線では、最多の8人の死者が出たことから、死刑はやむを得ないと結論づけた。
一、二審判決によると林泰男被告は95年3月、東京都内の地下鉄日比谷線の電車内でサリンを散布し、乗客を殺害するなどした。

94年6月に長野県で起きた松本サリン事件では、サリンを噴霧するトラックの製作にかかわり、95年5月には新宿に青酸ガス発生装置を仕掛けた。

|

« 迷惑メール送信で、椎名勇気容疑者を逮捕 | トップページ | 万能細胞のがん化、ほぼ回避 京大の山中伸弥チーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40132879

この記事へのトラックバック一覧です: オウム元幹部・林泰男の死刑確定へ 最高裁、上告棄却:

« 迷惑メール送信で、椎名勇気容疑者を逮捕 | トップページ | 万能細胞のがん化、ほぼ回避 京大の山中伸弥チーム »