« サルコジ仏大統領が、カーラ・ブルーニさんと結婚 | トップページ | 橋下徹氏、井原勝介岩国前市長を批判 »

福田康夫首相、消費者行政推進本部を前倒しで設置へ

福田康夫首相は1日夜、消費者行政を一元化する新組織の在り方を検討するため、自らが本部長を務める消費者行政推進本部を首相官邸に設置する考えを表明した。
中国製冷凍ギョーザによる中毒問題で、国民に不安が広がっている事態を重く見て、新組織の検討を急ぐことにしたものだ。

6月をめどとしていた新組織案の策定時期についても、「もう少し早めた方がいい。どのくらい早まるかはこれからの問題だ」と述べた。
首相官邸で記者団の質問に答えた。

推進本部は福田康夫首相のほか、関係閣僚や有識者で構成、近く初会合を開く。こうした検討日程の前倒しに伴い、09年度を目指すとしていた新組織の設置時期が早まる可能性もある。

福田首相は、今回の問題について「情報が正確に、迅速に(関係機関の間で)つながらず、被害が拡大した可能性もある。国民もどこへ(相談に)行ったらいいか分からない」と述べ、行政機構の問題を挙げた。

新組織に関しては、相談窓口を一本化し、省庁間や国と地方自治体間の情報面の連携強化を図ることが重要だとの考えを示した。(読売)

    福田康夫首相、初の施政方針演説 消費者行政担当相


|

« サルコジ仏大統領が、カーラ・ブルーニさんと結婚 | トップページ | 橋下徹氏、井原勝介岩国前市長を批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17936868

この記事へのトラックバック一覧です: 福田康夫首相、消費者行政推進本部を前倒しで設置へ:

« サルコジ仏大統領が、カーラ・ブルーニさんと結婚 | トップページ | 橋下徹氏、井原勝介岩国前市長を批判 »