« 愛知大のスキー実習中、雪崩で重体の2人死亡 | トップページ | ジクロルボスの成分が検出 CO・OP手作り餃子 »

上方落語協会/桂三枝会長、落語の台本を公募

上方落語協会/桂三枝は創立以来初めて台本募集を始めた。落語ファンにとっては、落語表現者の仲間入りを果たす道が開かれたわけだ。

Photo_2協会が開いた定席天満天神繁昌亭は満員の日が続く。
落語ブームを下支えする天満天神繁昌亭だが、同じ噺を客が耳にする機会も増えた。
噺の引き出しを増やしていかないと、また同じ噺かと飽きられてしまう。
記者会見に臨んだ桂三枝会長も関西落語界の5年後、10年後を見据えた布石だという点を強調。

募集するのは、大阪の天神祭をテーマにした課題作と、自由作の2種類。両方にエントリーするのも可能。

400字詰め原稿用紙で15~30枚。あらすじとサゲを書いた1枚を添える。
賞金は大賞が30万円、優秀賞10万円、佳作5万円。
著作権は協会に帰属。募集期間は2月11日~7月10日。

桂三枝会長を含む選考委員が審査し、9月末に入選作を発表する予定だ。繁昌亭の12月の夜席で初披露される。

|

« 愛知大のスキー実習中、雪崩で重体の2人死亡 | トップページ | ジクロルボスの成分が検出 CO・OP手作り餃子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40002985

この記事へのトラックバック一覧です: 上方落語協会/桂三枝会長、落語の台本を公募:

« 愛知大のスキー実習中、雪崩で重体の2人死亡 | トップページ | ジクロルボスの成分が検出 CO・OP手作り餃子 »