« SHIHOさん、NHK:トップランナーで初司会 | トップページ | 秋冬パリコレが開幕 90ブランドが新作披露 »

極美品の旧2円金貨、財務省競売で3210万円落札

明治から昭和初期にかけて発行され、国庫に眠っていた金貨を競売する財務省主催のオークションが24日、銀座で行われ、明治13年発行の旧2円金貨1枚が、これまでの最高値の3210万円で落札された。

Photo_4オークションは財政再建に役立てるのが狙いで、05年から始まった。今回が最後で、1420枚(1022セット)が出品され、古銭商や収集家ら約100人が参加した。

明治13年の旧2円金貨は発行枚数が87枚で財務省も1枚しか保有していない。事前の予想落札価格は700万~2000万円だったが、保存状態が良い極美品とあって瞬く間に値がつり上がった。

過去の最高値は、明治10年(1877年)発行の旧2円金貨(1700万円)で、この日は明治9年発行の旧20円金貨も1700万円で落札された。(読売)


|

« SHIHOさん、NHK:トップランナーで初司会 | トップページ | 秋冬パリコレが開幕 90ブランドが新作披露 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/40260270

この記事へのトラックバック一覧です: 極美品の旧2円金貨、財務省競売で3210万円落札:

« SHIHOさん、NHK:トップランナーで初司会 | トップページ | 秋冬パリコレが開幕 90ブランドが新作披露 »