« パッケージ内側とギョーザの皮から、メタミドホス | トップページ | ヒデとロザンナの二男、加藤来門を大麻所持で逮捕 »

リオのカーニバル、日本人のブラジル移住100周年

ブラジルリオデジャネイロカーニバルが3日、最高潮を迎えた。
名門12チームのパレードが始まり、日本人のブラジル移住100周年を記念した行列も参加、華やかな光とリズムがリオの夜を彩った。

Photo_3日本を題材にしたのは、チームポルトダペドラ。生け花やすし、招き猫など、日本文化から着想を得た様々な衣装で人々が踊った。
第1回の移民船、笠戸丸を題材にした山車には地元在住の日本人も同乗。

リオ日本人学校の生徒ら計270人の日本人、日系人も共にパレードした。

1行列に参加した福岡市出身のボランティア中野千恵さん(61)は移民船が入港したサントスの老人福祉施設で年老いた移住者らの介護をしている。
「日本が取り上げられたのは移民の方々の努力のおかげ。サンバの経験はないけど我を忘れて踊りました」。

日本人学校の教師、中井英幸さん(37)は「観客席も一体となった雰囲気を子どもたちも体験でき、一番の現地理解になる」と話した。

|

« パッケージ内側とギョーザの皮から、メタミドホス | トップページ | ヒデとロザンナの二男、加藤来門を大麻所持で逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17957719

この記事へのトラックバック一覧です: リオのカーニバル、日本人のブラジル移住100周年:

« パッケージ内側とギョーザの皮から、メタミドホス | トップページ | ヒデとロザンナの二男、加藤来門を大麻所持で逮捕 »