« 山田洋次の母べえ、ベルリン国際映画祭へ 吉永小百合 | トップページ | 禁煙、運動、野菜類と適度の酒 14年長生き »

学習研究社、地球儀で中華民国を台湾島と表記

学習研究社が国内向けに販売する音声ガイド付きの地球儀が、中国政府から圧力を受けて、台湾を台湾島と表記していることがわかった。

学習研究社は「中国の工場で生産しているため、中国政府の指示に従わざるを得なかった」と釈明しているが、識者からは「国益を損ないかねない」と憂慮の声が上がっている。

Taiwantouこの地球儀は、学研の関連会社学研トイズが昨秋発売したスマートグローブ
各国の地理や文化などの情報を音声で案内するシステムが組み込まれ、情報はネットで更新される。
希望小売価格は2万8000円で、初回製造の1万個は完売。

問題の表記は台湾/中華民国について、台湾島と記載。

日本の北方では、樺太の南半分や北方領土以北の千島列島をロシア領として色分けしている
これらはサンフランシスコ講和条約で日本が領有権を放棄した後、帰属先が未定となっているため、日本の地理の教科書では、日露のいずれにも属さない白表記になっている。

台湾島という呼び名や千島などのロシア領表示は、いずれも中国発行の地図で一般的に使われる表記。

★ここにも日本列島を覆う利益至上主義(しかも教材会社)

|

« 山田洋次の母べえ、ベルリン国際映画祭へ 吉永小百合 | トップページ | 禁煙、運動、野菜類と適度の酒 14年長生き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17638294

この記事へのトラックバック一覧です: 学習研究社、地球儀で中華民国を台湾島と表記:

« 山田洋次の母べえ、ベルリン国際映画祭へ 吉永小百合 | トップページ | 禁煙、運動、野菜類と適度の酒 14年長生き »