« ダイアナ元妃、ハスナト・カーン医師との結婚を望む | トップページ | トラブル防止へ、日本語能力を長期滞在の要件に »

弾道ミサイル迎撃、自衛隊が新宿御苑でPAC3展開調査

地対空誘導弾パトリオットミサイル/PAC3の発射候補地になっている新宿御苑に、防衛省は14日夜、通信アンテナなど関連機材を搬入、15日朝にかけ、発射の可否を確認する調査を行った。

3_2ミサイルや発射台は持ち込まれなかったが、PAC3の関連機材が発射候補地に入ったのは初めて。

PAC3は移動式で、海上配備型迎撃ミサイル/SM3が弾道ミサイルを撃ち漏らした際に、地上から迎撃する。

発射機やレーダー、通信装置などで構成され、いずれも車両に積載。都心を防護するには、周辺の航空自衛隊基地から移動展開する必要がある。

空自武山分屯基地/神奈川県から、通信アンテナと無線中継装置を積んだ車両各1台が、約50人の空自高射隊員を乗せた車とともに到着。

実際にアンテナを伸ばし、周囲の障害物を確認するとともに、通信試験などを行った。展開には半径約100メートルの広さが必要で、15日朝には、地盤強度を含む測量調査が行われた。(時事)

          SM3、模擬弾道ミサイルを大気圏外で迎撃


|

« ダイアナ元妃、ハスナト・カーン医師との結婚を望む | トップページ | トラブル防止へ、日本語能力を長期滞在の要件に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17701878

この記事へのトラックバック一覧です: 弾道ミサイル迎撃、自衛隊が新宿御苑でPAC3展開調査:

« ダイアナ元妃、ハスナト・カーン医師との結婚を望む | トップページ | トラブル防止へ、日本語能力を長期滞在の要件に »