« 岡田武史監督復帰初戦、チリは素晴らしいチーム | トップページ | 美人すぎる藤川優里八戸市議、HPアクセス不能に »

スハルト元インドネシア大統領死去 開発の父&独裁

インドネシアで32年にわたる長期政権を担ったスハルト元大統領が27日、ジャカルタ市内で死去した。享年86。

Photo_2スハルト氏は、経済発展を推進して開発の父と称賛される一方、政治や軍を牛耳る独裁体制を敷いて力による支配を展開したが、民主化を求める動きの高まりで98年に辞任に追い込まれ、病に倒れてからは次第に力を失った。

スハルト氏は昨年暮れから全身のむくみや腫れ、血圧の低下などを訴えて1月4日に入院。
当初は検査入院の予定だったが、症状が悪化。

スハルト氏は氏は68年の大統領就任後、それまで旧ソ連・中国寄りだった外交を転換。日本や米国など西側諸国に傾斜した。

70~80年代に外資導入と外国の援助による経済開発を推進。地域大国として、東南アジア諸国連合(ASEAN)で指導的な役割を果たしたが、90年代、家族やその取り巻きを重用する縁故主義が目立った。

97年のアジア通貨危機に端を発した経済危機後、98年の公共料金値上げをきっかけに国民の不満が噴き出し、同年5月に辞任に追い込まれた。

|

« 岡田武史監督復帰初戦、チリは素晴らしいチーム | トップページ | 美人すぎる藤川優里八戸市議、HPアクセス不能に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17863460

この記事へのトラックバック一覧です: スハルト元インドネシア大統領死去 開発の父&独裁:

« 岡田武史監督復帰初戦、チリは素晴らしいチーム | トップページ | 美人すぎる藤川優里八戸市議、HPアクセス不能に »