« 石川遼が最年少ツアープロに マスターズへの近道 | トップページ | 姫井由美子議員、姫の告白の出版記念サイン会 »

極光のかげにの作家・翻訳家、高杉一郎さん死去

戦後記録文学を代表する作品で、ベストセラーにもなったシベリア抑留記極光のかげになどで知られる作家・翻訳家の高杉一郎(本名 小川五郎)さんが9日午後、急性心不全のため死去した。享年99。

Takasugi高杉一郎さんは静岡県生まれ。東京文理大卒。
編集者として改造社に勤務。改造社解散後の44年に召集され、戦後4年間、シベリアの捕虜収容所で抑留生活を送った。

帰国後の50年に極光のかげにを発表。
スターリン体制の冷酷さとロシア民衆のたくましさ、日本人抑留者の表情を詩情あふれる筆致でリアルに描き、ベストセラーになった。

学生時代からエスペラントを学び、大正期に滞日したロシアの盲目のエスペラント詩人エロシェンコの全集(全3巻)を編訳、高く評価された。

著書はほかに「スターリン体験」「シベリアに眠る日本人」など。
翻訳ではスメドレー「中国の歌ごえ」、児童文学の傑作といわれるピアス「トムは真夜中の庭で」など。
静岡大、和光大の教授を歴任した。【アサヒ・コム】

|

« 石川遼が最年少ツアープロに マスターズへの近道 | トップページ | 姫井由美子議員、姫の告白の出版記念サイン会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17646622

この記事へのトラックバック一覧です: 極光のかげにの作家・翻訳家、高杉一郎さん死去:

« 石川遼が最年少ツアープロに マスターズへの近道 | トップページ | 姫井由美子議員、姫の告白の出版記念サイン会 »