« 渡辺恒雄氏、大連立構想をいずれ全部書く 党首会談 | トップページ | 富士インダストリーズ、約300件の水増し請求 »

中川昭一氏や平沼赳夫氏ら、真の保守を目指す

自民党の中川昭一元政調会長や無所属の平沼赳夫元経済産業相らが中心となり保守の在り方を考える勉強会の設立総会が4日、都内で開かれ、衆参両院議員30人が参加。代理出席も29人いた。

Nakagawashouichi勉強会は、安倍晋三首相が掲げた「戦後レジーム(体制)からの脱却」路線を継承しながら保守勢力の再結集を図るのが狙い。

総会では、会長に中川昭一氏、最高顧問に平沼赳夫氏が就くことや、会の名称は今後検討していくことなどを確認。

「真の保守」を目指すという理念の下、地域間格差の解消や農業、教育の再生、外交など幅広い分野で意見交換していく。

       核保有論議 二階俊博vs麻生太郎&中川昭一


|

« 渡辺恒雄氏、大連立構想をいずれ全部書く 党首会談 | トップページ | 富士インダストリーズ、約300件の水増し請求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17288033

この記事へのトラックバック一覧です: 中川昭一氏や平沼赳夫氏ら、真の保守を目指す:

« 渡辺恒雄氏、大連立構想をいずれ全部書く 党首会談 | トップページ | 富士インダストリーズ、約300件の水増し請求 »