« 富士インダストリーズ、約300件の水増し請求 | トップページ | トヨタ モビロ/MOBIROとバイオリンロボットを公開 »

中田宏市長のパーティー券、消防署員が勤務中に関与

05年4月に開かれた中田宏横浜市長の政治資金パーティーをめぐり、横浜市の消防署員らが業務中に消防団長名でパーティー券購入を団員へ呼び掛ける事務作業を行っていたことが6日、分かった。

Nakada署員らの行為は、公務員が地位を利用してパーティー参加を求めることを禁じる政治資金規正法などに抵触する恐れがあり、市は処分を検討している。

横浜市安全管理局によると、05年3月に市消防団長会がパーティー券(1枚1万円)250枚の購入を全21団の団員へ呼び掛けることで合意。
18団で計172枚を購入した。
この際、横浜市の4消防署の職員が団長からの依頼を受けて協力要請文の作成会計作業に関与していた。

パーティー券を購入した10団では、券の購入代金が団員個人ではなく、団の口座から支払われていたケースもあった。
消防団員は一般職公務員と異なり、政治的活動に制約はない。


                        だて男 ①へどうぞ

|

« 富士インダストリーズ、約300件の水増し請求 | トップページ | トヨタ モビロ/MOBIROとバイオリンロボットを公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17289258

この記事へのトラックバック一覧です: 中田宏市長のパーティー券、消防署員が勤務中に関与:

« 富士インダストリーズ、約300件の水増し請求 | トップページ | トヨタ モビロ/MOBIROとバイオリンロボットを公開 »