« NEC、携帯電話向け音声翻訳ソフトを開発 | トップページ | クレジットカード各社、ポイント特典の見直し相次ぐ »

戦前の幻のホームを公開 東京メトロの新橋駅

戦前に8カ月間だけ使われた地下鉄新橋駅幻のホームが1日、地下鉄の開通80周年を記念して特別公開された。

Shinbashieki薄暗く狭いホームに当時を再現した黄色の電車が姿を見せ、約150人の見学客は、隠れた都心の地下空間を興味深そうに見て回った。
幻のホームは現在のホームより地上に近いところにあり、長さは約50m。
駅員の会議室などに使われ、乗客の目に触れることはない。

日本の地下鉄は東京地下鉄道が27年、現在の銀座線浅草―上野(約2.2キロ)で開業したのが始まり。その後新橋まで延伸し、別会社の東京高速鉄道も39年1月に新橋―渋谷を開通。

両社は新橋駅の別々のホームで折り返し運転していたが、同年9月から浅草―渋谷の直通運転が実現したのに伴い幻のホームは閉鎖された。

             だて男(バルセロナにて) ① へどうぞ

|

« NEC、携帯電話向け音声翻訳ソフトを開発 | トップページ | クレジットカード各社、ポイント特典の見直し相次ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17240614

この記事へのトラックバック一覧です: 戦前の幻のホームを公開 東京メトロの新橋駅:

« NEC、携帯電話向け音声翻訳ソフトを開発 | トップページ | クレジットカード各社、ポイント特典の見直し相次ぐ »