« 中国製即席めん食べた小学生が食中毒で死亡 雲南省 | トップページ | 中川昭一氏や平沼赳夫氏ら、真の保守を目指す »

渡辺恒雄氏、大連立構想をいずれ全部書く 党首会談

渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長・主筆は5日夜、都内で開かれた自民党の中川昭一元政調会長のパーティーであいさつし、自民党と民主党の大連立に向け、福田康夫首相と小沢一郎代表との党首会談を仲介したことを事実上認めた。

Watanabetuneoその上で渡辺恒雄は「いずれは全部書いてやろうと思っている」と述べた。 大連立構想が明らかになって以降、渡辺恒雄氏が公の場で発言するのは初めて。

渡辺氏は保守合同で自民党が結党された際大野伴睦三木武吉両氏が主導した話を例に「そういうことを両党首(福田康夫小沢一郎両氏)がやってくれると期待していた」と述べた。

「新聞記者の分際でそんな話に介入し、書かないのはけしからんと中傷を浴びているが、書くタイミングを考えている。私は新聞記者だから」と述べ、バッシングにも反論。

その上で「ニュースソースとの信頼関係が大事」「今、全部ばらして書いたら大変な迷惑を受ける人がいるので、次の展開に邪魔になる」と述べ、小沢一郎氏の代表辞任騒動を経ていったんは頓挫した格好の大連立構想が、今後再び持ち上がる可能性にも言及した



|

« 中国製即席めん食べた小学生が食中毒で死亡 雲南省 | トップページ | 中川昭一氏や平沼赳夫氏ら、真の保守を目指す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17287727

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺恒雄氏、大連立構想をいずれ全部書く 党首会談:

« 中国製即席めん食べた小学生が食中毒で死亡 雲南省 | トップページ | 中川昭一氏や平沼赳夫氏ら、真の保守を目指す »