« ダルビッシュ有 小笠原道大 、 田中将大 上園啓史 | トップページ | B'z、ハリウッド・ロックウォーク殿堂入り »

2007/11/21

ヒト皮膚から万能細胞…京都大学・山中伸弥チーム

人間の皮膚細胞から、さまざまな臓器や組織の細胞に成長する能力を秘めた万能細胞を作ることに成功した。
京都大学山中伸弥教授(幹細胞生物学)らの研究チーム。

Bannousaibou患者と遺伝情報が同じ細胞を作製でき、拒絶反応のない移植医療の実現に向け、大きな前進となる成果だ。

山中伸弥教授は「数年以内に臨床応用可能」との見通しを示している。米科学誌セル電子版に20日掲載される。

山中教授はやはり万能細胞として知られる胚性幹細胞ES細胞の中で、重要な働きをしている4個の遺伝子に着目。

30歳代女性の顔から採取した皮膚細胞に、ウイルスを使ってこれらの遺伝子を組み込み、約1か月培養したところヒトES細胞と見かけが同じ細胞が出現した。
培養条件を変えることによって、この細胞が神経細胞や心筋細胞などに変化できる万能性を備えた人工多能性幹細胞IPS細胞であることを確認。

作製効率は皮膚細胞約5000個につき1個で、臨床応用するのに十分という。生物学に詳しい方は→読売新聞

        山中伸弥教授、iPS細胞研究では規制をするな


|

« ダルビッシュ有 小笠原道大 、 田中将大 上園啓史 | トップページ | B'z、ハリウッド・ロックウォーク殿堂入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17137319

この記事へのトラックバック一覧です: ヒト皮膚から万能細胞…京都大学・山中伸弥チーム:

« ダルビッシュ有 小笠原道大 、 田中将大 上園啓史 | トップページ | B'z、ハリウッド・ロックウォーク殿堂入り »