« ソニーの有機ELテレビ、初日ほぼ完売・販売数不足 | トップページ | 兼行病院玄関前で 古賀茂喜組長撃たれ死亡…大牟田 »

日本山岳会4人の死亡確認 十勝岳連峰の雪崩事故

上富良野町・十勝岳連峰の上ホロカメットク山(標高1920m)で男女11人が雪崩に巻き込まれた事故で、北海道警山岳遭難救助隊は24日、行方不明の男性を雪崩現場近くの雪の中で発見。
心肺停止状態で現場のテントに残されていた3人とともに収容した。

4人は病院に搬送されたが、死亡が確認された。
亡くなったのは、日本山岳会北海道支部会員助田陽一さん(68)、鈴木和夫さん(63)、鶴岡節子さん(56)、吉沢宣哉さん(60)。

助田陽一さんは行方不明となっていたが、午前9時前、救助隊が約2メートルの雪の中で発見した。

            最新人気ブログランキング クリック御礼


|

« ソニーの有機ELテレビ、初日ほぼ完売・販売数不足 | トップページ | 兼行病院玄関前で 古賀茂喜組長撃たれ死亡…大牟田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/17170277

この記事へのトラックバック一覧です: 日本山岳会4人の死亡確認 十勝岳連峰の雪崩事故:

» 雪山は引き返す勇気を持て! [りゅうちゃんミストラル]
4人が亡くなった十勝岳連峰の雪崩事故。      専門家「雪崩起きやすい山」と指摘 十勝岳4人死亡事故(asahi.com)雪山には人を引きつける魅力があるのだろう。それは否定しないし登山を禁止する意味はない。しかし一度事故が起これば家族にも心配をかける。捜索...... [続きを読む]

受信: 2007/11/25 17:05

« ソニーの有機ELテレビ、初日ほぼ完売・販売数不足 | トップページ | 兼行病院玄関前で 古賀茂喜組長撃たれ死亡…大牟田 »