« 中川翔子さん、しょこたんぶろぐで痴漢に怒り | トップページ | 韓国大統領選、鄭東泳氏と李明博氏の一騎打ちに »

植草一秀被告、痴漢行為で実刑判決

電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた元名古屋商科大大学院客員教授植草一秀被告(46)の判決公判が16日、東京地裁であった。

神坂尚裁判長は「自己の性的欲求の赴くまま、女性の気持ちを顧みることなく行った身勝手な犯罪。再犯の恐れは否定できない」として、植草一秀被告に懲役四月(求刑懲役六月)の実刑を言い渡した。

「被害者や目撃者の供述は信用性が高く、被告が痴漢行為をしていないとする目撃者の供述は疑問を差し挟まざるを得ない」。

弁護側は「被害者の真後ろにいた人物が真犯人」と無罪を主張していたが、神坂尚裁判長は「弁護人が独自の推論に基づいて可能性を指摘しているにすぎない」と退けた。

その上で、同種の犯罪で過去に2度、罰金刑を受けたことから「規範意識に相当問題があり、もはや社会での更生は期待し難い」とした。
植草一秀被告は、控訴する方針。

植草一秀被告の話  
「不当判決に強い憤りを感じている。私は無実。直ちに控訴する。無実を証明する目撃者証言の内容が正確に報道されてこなかったことも残念。無実を明らかにするために今後とも闘い抜く覚悟だ。」 【東京新聞】

  ミラーマン・植草一秀元教授に2審も実刑 都条例違反


|

« 中川翔子さん、しょこたんぶろぐで痴漢に怒り | トップページ | 韓国大統領選、鄭東泳氏と李明博氏の一騎打ちに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/16785571

この記事へのトラックバック一覧です: 植草一秀被告、痴漢行為で実刑判決:

» 植草被告に実刑判決 [ひとりの独り言]
3度目の正直ではないが、今回は罰金刑ではなく検察はミラーマンに実刑を求めた。 東京地裁も求刑懲役6カ月に対し、異例の実刑となる懲役4カ月を言い渡した。 「反省の姿勢が全く認められず、再犯のおそれも否定できない。もはや社会内での更生は期待できない」との理由から実刑にしたとのこと。 あくまでも無実を主張し、再現DVDまで制作した植草一秀被告。 裁判所はそれを認めず、不合理な弁解を繰り返す被告に実刑判決を下した。 被害者や目撃人の証言から被告人の無罪主張を退けたようだ。 5月18日の公判では裁判官から... [続きを読む]

受信: 2007/10/17 21:02

» 植草一秀被告 痴漢行為で実刑判決 [王様の耳はロバの耳]
植草一秀被告、痴漢行為で懲役4月の実刑判決…東京地裁(読売新聞) - goo ニュース 今となると元教授と呼ぶ事になった植草氏ですが痴漢行為で懲役4ヶ月の実刑判決を受けたそうです。 物忘れの激しい爺は何時の事かさえ忘れかけていました。 そう昨年9月京浜急行の車内での話しでしたね。もう1年経ちました。 今でもそうだと思いますが、一部のブロガーは「植草冤罪説」を唱え自分のブログに「冤罪を非難するバナー」を貼り付けています。 {/hiyo_shock1/} 爺が勝手に思うには事件前後、映画人周防監督が「... [続きを読む]

受信: 2007/10/17 21:19

» どういうことなんだろう?植草ミラーマンの件 [SUPER BLOG.JP]
ミラーマンこと植草元教授。 「痴漢行為が止まらない」で逮捕、起訴されて珍しい実刑... [続きを読む]

受信: 2007/10/18 15:51

« 中川翔子さん、しょこたんぶろぐで痴漢に怒り | トップページ | 韓国大統領選、鄭東泳氏と李明博氏の一騎打ちに »