« 金平桂一郎会長と亀田興毅選手、謝罪会見に同席 | トップページ | 文化勲章に茂山千作ら、文化功労者には仲代達矢ら »

JR東京駅・銀の鈴が4代目に グランスタ開業記念

JR東京駅の待ち合わせ場所のシンボル銀の鈴が25日、エキナカ商業施設グランスタの開業に合わせ、4代目に代替わりした。

Photo銀の鈴は直径80センチ、重さ70キロ。銀でもスズでもなくアルミ合金製で、ガラスケース内で天井からつられている。
東京芸術大学の宮田亮平学長が作製。
毎時0分に鈴の音のメロディーが流れる。

銀の鈴は68年に駅1階に設置されたのが始まり。94年から地下に。神社の鈴にヒントを得たという。初代はボール紙と銀紙を用いた張りぼて

69年にクロムめっきの2代目が、85年に銀めっきの先代が、跡を継いできた。4代目は、八重洲側の地下1階、47店舗が入るエキナカ施設グランスタのど真ん中にある。
初日は、銀の鈴がどこにあるのか分からないほど、大にぎわいだった。

               最新人気ブログランキング クリック御礼


|

« 金平桂一郎会長と亀田興毅選手、謝罪会見に同席 | トップページ | 文化勲章に茂山千作ら、文化功労者には仲代達矢ら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/16880213

この記事へのトラックバック一覧です: JR東京駅・銀の鈴が4代目に グランスタ開業記念:

« 金平桂一郎会長と亀田興毅選手、謝罪会見に同席 | トップページ | 文化勲章に茂山千作ら、文化功労者には仲代達矢ら »