« 日本画の高山辰雄氏、肺炎のため死去 | トップページ | 中国、月周回衛星/かぐや打ち上げを報道 »

三洋電機、主力の携帯電話事業を京セラに売却へ

経営再建中の三洋電機が携帯電話機事業の売却に向けて京セラと最終交渉に入ったことが14日、分かった。三洋電機は、携帯電話の販売会社を三井物産系のテレパークに売却すると発表したばかり。
製造部門の売却が決まれば、携帯事業から完全に撤退することになる。

携帯電話機メーカー同士の事業統合は国内初。
売却額は今後の交渉で詰める。三洋電機の携帯電話事業は06年度連結売上高が約3400億円で、全体の15%程度を占める。

中核事業の一つだが、国内市場の競争激化などからこのところ大幅減収となり赤字に転落。08年3月期の販売台数も、期初予想の1250万~1260万台から1100万台に下方修正した。

このため、京セラやシャープと売却交渉を進めていたが、売却額などの条件を勘案して交渉先を京セラ絞ったとみられる

       最新人気ブログランキング クリック御礼


|

« 日本画の高山辰雄氏、肺炎のため死去 | トップページ | 中国、月周回衛星/かぐや打ち上げを報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/16453527

この記事へのトラックバック一覧です: 三洋電機、主力の携帯電話事業を京セラに売却へ:

« 日本画の高山辰雄氏、肺炎のため死去 | トップページ | 中国、月周回衛星/かぐや打ち上げを報道 »