« 東芝とシャープ、スマートフォンで欧米市場を開拓 | トップページ | イギリスの口蹄疫、ワクチン生産施設が関係か »

USEN宇野康秀社長、ライブドア株をすべて売却

USENは3日、代表取締役社長の宇野康秀氏が所有していたライブドアホールディングスの全株式について、モルガン・スタンレー証券の関係会社と株式譲渡契約を結んだことを明らかにした。

Usen宇野康秀氏は06年3月16日、フジテレビジョンが所有するlivedoorの株式1億3,374万株を取得する譲渡契約を締結。
株式は、USENとしてではなく宇野康秀氏個人の資金で取得し、取得金額は94億9,554万円に上っていた。
USENlivedoorは同日、業務提携を行なう契約も結んでいた。

USENによれば、宇野氏によるlivedoor株式取得の背景には、当時混乱時期にあったlivedoorの新経営陣・新体制を安定株主としてサポートするためで、今回宇野氏は「その目的・役割を終えた」と判断。
今後のライブドアホールディングの発展のため、株式を売価することにしたという。

USENは引き続き、様々な事業領域でライブドアホールディングスと協力関係を築く方針だが、資本提携は考えていないとしている。

      最新人気ブログランキング クリック御礼


|

« 東芝とシャープ、スマートフォンで欧米市場を開拓 | トップページ | イギリスの口蹄疫、ワクチン生産施設が関係か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/16019826

この記事へのトラックバック一覧です: USEN宇野康秀社長、ライブドア株をすべて売却:

» ブログのトラックバックセンター [blolog〔ブロログ〕]
ネット社会、その光と影を追うー様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2007/08/05 23:44

« 東芝とシャープ、スマートフォンで欧米市場を開拓 | トップページ | イギリスの口蹄疫、ワクチン生産施設が関係か »