« オール早慶戦で、斎藤佑樹投手が優秀選手に | トップページ | 高市早苗大臣、ネットカフェのパソコン接続制限を »

ネットバンキング、不正預金引き出し件数が20倍

全国銀行協会はインターネット・バンキングによる預金等不正引出しに関するアンケートの調査結果を公表した。
調査は全銀協の正会員・準会員182行を対象に3カ月毎に実施されている。

今回、07年4~6月末における、預金不正引き出し件数が報告された。
調査の結果、インターネット・バンキングによる預金の不正引き出し件数は41件、被害額は5800万円にのぼった。

被害件数は前回調査(1~3月)の30件、1800万円に対して大幅に増加。
調査が開始された05年4~6月期の被害件数2件、被害額額100万円に比べ、件数は約20倍。被害額は58倍増加している。

回答は、被害者から銀行に届出があり、銀行側が該当口座からの不正な引き出しを確認された件数、および金額の総計がまとめられている。

       最新人気ブログランキング クリック御礼


|

« オール早慶戦で、斎藤佑樹投手が優秀選手に | トップページ | 高市早苗大臣、ネットカフェのパソコン接続制限を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/16241707

この記事へのトラックバック一覧です: ネットバンキング、不正預金引き出し件数が20倍:

» ブログのトラックバックセンター [blolog〔ブロログ〕]
ネット社会、その光と影を追うー様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 10:54

« オール早慶戦で、斎藤佑樹投手が優秀選手に | トップページ | 高市早苗大臣、ネットカフェのパソコン接続制限を »