« ブラジルで旅客機が着陸失敗 約200人が死亡‥ | トップページ | ニューヨーク・マンハッタンで爆発 テロとは無関係 »

宮本顕治元共産党議長が死去 自主独立路線を確立

戦後の共産主義運動を主導した日本共産党元議長宮本顕治氏が18日午後2時33分、老衰のため都内の病院で死去した。享年98。
共産党では不破哲三前議長を経て、志位和夫委員長の下で進められてきた現実・柔軟路線が定着。路線や党運営への影響はないとみられる。

Miyamotokenji宮本顕治氏は、東大を卒業した31年に入党、33年に治安維持法違反容疑などで逮捕されて無期懲役の判決を受け、終戦まで獄中で過ごす。

45年の出所後、徳田球一志賀義雄両氏らと党再建の中心的役割を担う。58年書記長に就任し、野坂参三議長とともに実権を握った。
その後、40年間党を仕切った。70年には新設した委員長ポストに就き、事実上の最高指導者となった。最新ニュースで放映中

共産党機関紙赤旗の部数拡大を通じた党勢拡大と各議会での議席伸長を目指す平和革命路線をとり、79年の衆院選では41議席を獲得した。

対外的には66年ごろから自主独立路線を提唱し、旧ソ連や中国共産党との関係を絶った。91年の旧ソ連共産党解体の際は「もろ手を挙げて歓迎する」と述べるとともに、「わが党はソ連覇権主義と戦い抜いた」と党への批判に反論した。

82年には「秘蔵っ子」の不破哲三氏を委員長に昇格させ、自らは議長に就任。90年には当時35歳の志位和夫氏を書記局長に抜てきした。

日本共産党
筆坂 秀世

94年以降は入退院を繰り返し、97年の中央委総会で議事進行役を務めて以来、公の場に姿を見せなかった。 
同年、名誉議長に就任し事実上引退、00年には名誉議長も退いた。77年から参院議員を2期務めた。最新ニュースで放映中

     最新人気ブログランキング クリック


|

« ブラジルで旅客機が着陸失敗 約200人が死亡‥ | トップページ | ニューヨーク・マンハッタンで爆発 テロとは無関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/15802159

この記事へのトラックバック一覧です: 宮本顕治元共産党議長が死去 自主独立路線を確立:

» ブログのトラックバックセンター [blolog〔ブロログ〕]
ネット社会、その光と影を追うー様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2007/07/18 20:24

« ブラジルで旅客機が着陸失敗 約200人が死亡‥ | トップページ | ニューヨーク・マンハッタンで爆発 テロとは無関係 »