« 摂理の教祖、鄭明折容疑者を北京で逮捕 | トップページ | マイスペース、Take Down Stay Downを導入へ »

テロ支援国家指定は拉致ではなく、よど号事件のため

先月行われた日米首脳会談で、アメリカのライス国務長官
「北朝鮮をテロ支援国家に指定しているのは、よど号事件のためである」と述べ、拉致事件とは無関係だという立場を強調していた。

日米首脳会談で安倍総理が、拉致事件が解決するまで北朝鮮のテロ支援国家指定を解除しないよう要請したのに対し答えたもの。
この中でライス国務長官
「北朝鮮がハイジャック犯をかくまっていることが、テロ支援国家に指定された理由である」としたうえで
「この問題が解決すれば、アメリカの国内法に基づいて指定を解除する手続きが進められる」と述べた。

安倍総理の要請に対し、ブッシュ大統領は「考慮する」と述べたというが、ライス国務長官は、この問題に拉致事件を関連づけないという立場をはっきりと示し、大統領もこの発言を覆すことはなかった。

     GyaO ニュース&ビジネスJNN News放映中


|

« 摂理の教祖、鄭明折容疑者を北京で逮捕 | トップページ | マイスペース、Take Down Stay Downを導入へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/15056483

この記事へのトラックバック一覧です: テロ支援国家指定は拉致ではなく、よど号事件のため:

» ブログのトラックバックセンター [blolog〔ブロログ〕]
ネット社会、その光と闇を追うー様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 19:53

» 米国は北朝鮮を再度テロ支援国家に指定! [やぶにらみトーク]
 2日の中央日報は下のように報じた。  米国は4月30日、北朝鮮を再びテロ支援国に指定した。 国務省はこの日発表した「2006年テロ報告書」で北朝鮮をイラン、キューバ、シリア、スーダンなどとともにテロ支援国と明示した。  また国務省は「北朝鮮がテロ支援国か...... [続きを読む]

受信: 2007/05/14 11:56

» アメリカの本音か、見くびられる日本 [Nanyasoreの日記]
テロ支援国家の指定解除 「拉致解決が前提でない」米国務長官  米国の北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除をめぐり、先月27日の日米首脳会談で、同席したライス国務長官が、米国内法の観点からは拉致問題の解決が指定解除の前提条件にはならないとの解釈を説明していたことが12日、分かった。ただ、席上、ブッシュ大統領は「拉致問題も考慮に入れる」と明言しており、政府関係者はライス氏の発言を「米国の法的な建前を説明しただけ」と受け止めている。  会談では、安倍晋三首相が、拉致問題解決を指定解除の前提条件とす... [続きを読む]

受信: 2007/05/16 15:51

« 摂理の教祖、鄭明折容疑者を北京で逮捕 | トップページ | マイスペース、Take Down Stay Downを導入へ »