« モーニング娘。がピンク・レディーを抜いた | トップページ | トニー・ブレア英首相、退陣へ 後継はブラウン財務相 »

AT&Tとの特許侵害訴訟でMSの主張認める 米最高裁判所

米通信大手AT&T特許侵害でMSマイクロソフトを提訴していた件で、米最高裁はマイクロソフトの主張を認める判決を下した。
AT&Tは海外で製造・販売されているウィンドウズ搭載コンピュータについて、AT&Tの音声処理技術に関する特許を侵害していると訴えていた。

米国の特許法では、特許で保護された製品を海外で製造・販売する場合は特許侵害と認められないが、特許で保護された製品の部品を組立てる目的で米国から輸出する場合は侵害とみなされる。

Revolution OS
ナウオンメディア

AT&Tは「マイクロソフトは音声処理技術を使用したPC関連の部品を組立てる目的で輸出した」として特許侵害を訴えていた。
これに対し、マイクロソフト側は
「PCに搭載前のソフトウェアは無形の情報であり、特許法271(f)に規定される発明の部品に該当しない、またインストールされるのはマスター版でなくコピーであることを理由に特許侵害に当たらない」と対抗していた。

     最新人気ブログランキング クリック


|

« モーニング娘。がピンク・レディーを抜いた | トップページ | トニー・ブレア英首相、退陣へ 後継はブラウン財務相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/14921796

この記事へのトラックバック一覧です: AT&Tとの特許侵害訴訟でMSの主張認める 米最高裁判所:

« モーニング娘。がピンク・レディーを抜いた | トップページ | トニー・ブレア英首相、退陣へ 後継はブラウン財務相 »