« MacworldでiPhone、Apple TV がお目見え | トップページ | クレディセゾン&SBM 公式クレジットカード »

SEDの開発→キヤノンは単独事業  東芝

キヤノンが、東芝と共同で進めていた次世代薄型テレビSED(表面電界ディスプレー)事業を単独で展開することを決めた。

キヤノンにとっては悲願の家電事業への進出に向け、賭けに出た。SEDへの熱が冷めてきた東芝との温度差も、背中を押した。

キヤノンSEDの開発に着手したのは1986年。99年には東芝との共同開発に踏み切り、「自前主義」といわれてきた研究開発体制を大転換。事業化に意欲を燃やしていた。

当初の商品化の予定は2006年3月だが、量産体制の整備を理由に07年10~12月まで延期。08年の北京五輪商戦に間に合わせる上でも、さらなる延期は許されない。

高収益を誇るキヤノンだが、主力事業のデジタルカメラや複写機、プリンターは市場の成熟化が進んでいる。
内田恒二キヤノン社長が、「テレビ市場は数量がすごい」と話すように、市場規模の大きな家電事業は、同社にとって垂涎の的だった。

     最新人気ブログランキング クリック 


|

« MacworldでiPhone、Apple TV がお目見え | トップページ | クレディセゾン&SBM 公式クレジットカード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/13477345

この記事へのトラックバック一覧です: SEDの開発→キヤノンは単独事業  東芝:

« MacworldでiPhone、Apple TV がお目見え | トップページ | クレディセゾン&SBM 公式クレジットカード »