« 千の風になって a thousand winds | トップページ | 米裁判所--HP産業スパイ問題で元幹部に差止命令 »

LPM001 子供向け腕輪型通信端末に生体認証を応用

インプレスオンラインは、開発中の子供向け腕輪型通信端末の販売を2007年度中に開始する。07年春には、正式プロトタイプを発表する予定だ。

コードネームLPM001と呼ぶこの通信端末は、同社が主軸とするバイオメトリクス生体認証事業からヒントを得て開発に着手した。

Seitaininshou人体検知センサを搭載し、装着した児童が強制的にLPM001を剥奪された場合など、保護者がそれをリアルタイムで確認できる仕組みだ。

また、非接触ICを内蔵しており、読取装置にLPM001をかざすことで警備機能の開始・解除を行うため、保護者や教師など権限を持つ者以外が警備機能を解除することは不可能となる。

さらに、LPM001にはGPS測位機能も搭載され、保護者は携帯電話やパソコンを使って、遠隔から児童の位置情報を確認できる。


     最新人気ブログランキング クリック 


|

« 千の風になって a thousand winds | トップページ | 米裁判所--HP産業スパイ問題で元幹部に差止命令 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/13663988

この記事へのトラックバック一覧です: LPM001 子供向け腕輪型通信端末に生体認証を応用:

« 千の風になって a thousand winds | トップページ | 米裁判所--HP産業スパイ問題で元幹部に差止命令 »