« 1土佐礼子 2尾崎朱美 3高橋尚子 東京国際女子 | トップページ | 魔法のiらんど サイトの荒れをアイポリスが監視 »

長谷川京子→仲間由紀恵へ 裁判員制度

平成21年5月までに導入される裁判員制度の理解度アップを目指し、最高裁判所がメーンのイメージキャラクターには、タレントの仲間由紀恵さんを起用し新聞や雑誌、インターネットといったさまざまな媒体を通じた広報戦略を展開している。

Hasekyo全国民の70人に1人が一生に一度は裁判員を経験することになると想定されているが、アンケートでは6割以上が「参加したくない」との結果も。
最高裁判所は制度の意義のPRに懸命だ。

昨年度後半には、タレントの長谷川京子さんを起用。今年度も後半に集中した広報を展開することについて
裁判員の選任手続きの中身が決まってくる等、制度が徐々に具体化してくる今年度の後半に凝縮させることで、効果的な広報を狙っている」と。

   ◇最高裁判所殿は清楚な美人がお好きなようだ。

|

« 1土佐礼子 2尾崎朱美 3高橋尚子 東京国際女子 | トップページ | 魔法のiらんど サイトの荒れをアイポリスが監視 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/12745887

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川京子→仲間由紀恵へ 裁判員制度:

» ロクな批判もせず宣伝だけは一人前 [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 タウンミーティングのやらせ問題。東京新聞のこの記事では「テーマは郵政民営化、年金制度改革、雇用問題など幅広く」と司法制度改革には触れていません。司法制度改革に批判の矛先が向かうと裁判員制度に対する...... [続きを読む]

受信: 2006/11/19 21:44

« 1土佐礼子 2尾崎朱美 3高橋尚子 東京国際女子 | トップページ | 魔法のiらんど サイトの荒れをアイポリスが監視 »