« 子育て論争 高市早苗少子化担当相vs下村博文 | トップページ | MySpace マイスペース日本語版@ソフトバンク »

核保有論議 二階俊博vs麻生太郎&中川昭一

自民党の二階俊博国会対策委員長は5日のNHKの番組で、麻生太郎外相や自民党の中川昭一政調会長の核保有論議について
「誤解を招きかねない発言を責任ある立場の方々が何回もやると、やがて任命権者の責任も問われかねない。発言を慎むべきだ」と自制を求めた。

Nikaitoこの問題で、野党側は麻生太郎外相の罷免や予算委員会での集中審議を求めており、二階俊博氏としてはこれ以上波紋が広がるのを防ぐ狙いがある。

「非核三原則を歴代内閣が言い続け、ようやく日本は好戦的な国ではないと理解された。これは大変な積み重ねだ」二階俊博氏。

この日の番組では、民主党の高木義明国対委員長が「まさに閣内不統一であり、予算委員会できっちりと明らかにしたい」と語り、衆院予算委での質疑を要求。共産、社民両党も同調した。

自民党の中川昭一政調会長は、同日のフジテレビの番組で「北朝鮮の脅威に対して何も議論しなくていいのか」と再び強調。
一方、自らの発言を「核がどういう兵器なのか、どういう脅威があるのかという一般論」だとしたうえで、「(日本が)核を持つべしという前提で言ったことは一度もない」と語った。


|

« 子育て論争 高市早苗少子化担当相vs下村博文 | トップページ | MySpace マイスペース日本語版@ソフトバンク »

コメント

日本というと「イジメ」で有名な国だ。
日本人の「イジメ」には島国の根性がそのまま現れている。
日本人が一生にかけて読む本といえば、暴力的でレベルの低い漫画がほとんどで、
だから日本人のレベルがあれだけ低く、まともな人格が形成されていないのではな
いだろうか。
日本人のうち、宗教や哲学、瞑想にかかわる書物を1冊でも呼んで
見た人は一体どのくらいいるのだろう。
まともな人格を持つ人なら「イジメ」などはするはずがない。
「イジメ」は他人の人格を踏みにじり、人格を虐殺する行為である。
小学校の時からクラスメートをいじめることに喜びを感じている
日本人をどうして先進国民と呼べよう。
3才の時に身に付いた習慣は80才になっても変わらないという。
日本人は死ぬ時までイジメを楽しみながら一生を終えたいのか。
日本航空(JAL)の乗務員だちは、彼らが育ってきた環境がそうだから
「イジメ」が身についているのか。フライトの度に、乗客を一人
選んでその乗客が歩行機を降りるまでみんなでいじめている。
サービス業に携わっているにもかかわらず、JALの乗務員が働く目的は
「イジメ」を楽しむためである。
何の罪もない韓国人乗客をいじめると一日の疲れが取れるとでもいうのか。
JALの乗務員だちのあの面をみよ。

醜い心がそのまま反映している」のである。

投稿: 日本というと「イジメ」で有名な国だ。 | 2006/11/08 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/12600931

この記事へのトラックバック一覧です: 核保有論議 二階俊博vs麻生太郎&中川昭一:

» むしろ絶好のチャンスとして [サイクルロード ~自転車という道]
先日、ペダルをこぎながらも頭の隅に引っ掛かっていたのは、少し前にテレビで見た視聴者アンケー [続きを読む]

受信: 2006/11/12 17:52

« 子育て論争 高市早苗少子化担当相vs下村博文 | トップページ | MySpace マイスペース日本語版@ソフトバンク »