« パソコン装備車 アメリカで人気上昇 | トップページ | マイクロソフトがリナックス系ノベルと提携 »

チベット仏教 ダライ・ラマ ノーベル平和賞 広島

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14ら、ノーベル平和賞受賞者3人が参加して広島市内で開かれていた国際平和会議は2日
「他者の苦しみに無関心であることをやめ、世界に関心を向けるべきだ」との共同宣言を採択し、終了した。

Darairama宣言は「自分の国ではなく、世界全体を優先するということを広島から考えよう」と訴えた。被爆者らも参加して「人の未来を考える」と題したシンポジウムが開かれた。

ダライ・ラマ14世
「宗教の考えに違いはあっても共通点はある。目的は人類を救うことだ」と強調した。
英国北アイルランドの平和運動家ベティ・ウィリアムズさんは
「多くの宗教があるということを子どもに教えるため、教育制度を変える必要がある」と提案。
南アフリカのデズモンド・ツツ元大主教は、日本に期待する役割について
「原爆を落とされた経験を元に、苦しい状況にある国の手助けをしてほしい」と述べた。会議終了後、3人は原爆慰霊碑を訪れ献花した。


|

« パソコン装備車 アメリカで人気上昇 | トップページ | マイクロソフトがリナックス系ノベルと提携 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/12535491

この記事へのトラックバック一覧です: チベット仏教 ダライ・ラマ ノーベル平和賞 広島:

« パソコン装備車 アメリカで人気上昇 | トップページ | マイクロソフトがリナックス系ノベルと提携 »