« プレーオフ ソフトバンクが西武に大勝しタイに | トップページ | 携帯端末に絵本配信 NTTが商用化 映像や音声も »

日中首脳、戦略的互恵関係で一致

安倍晋三首相は8日、就任後初めての外国訪問として中国を訪れ、北京の人民大会堂で胡錦濤国家主席と約1時間20分、会談した。

Abakokintoこれに先立ち温家宝首相とも会談。双方は日中が国際的課題で共通利益を追求する戦略的互恵関係の構築で一致。北朝鮮の核実験阻止に向けた日中の連携も確認した。

安倍晋三首相は胡錦濤主席、温首相らの訪日を招請。中国側も原則的に同意した。首脳会談を目的とした日本の首相の訪中は2001年10月以来。

胡主席は「靖国神社に小泉前首相が行かれて、中国、アジアの人の感情を傷つけた。靖国問題については政治的障害を除去してほしい」と要請。

「我が国がかつてアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与え、傷跡を残したことに対する深い反省の上に戦後60年の歩みがある。その思いはこれからも変わることはない」安倍晋三首相。
      ⇒→正真正銘のセレブ安倍貞任の子孫だとか)


|

« プレーオフ ソフトバンクが西武に大勝しタイに | トップページ | 携帯端末に絵本配信 NTTが商用化 映像や音声も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/12202609

この記事へのトラックバック一覧です: 日中首脳、戦略的互恵関係で一致:

« プレーオフ ソフトバンクが西武に大勝しタイに | トップページ | 携帯端末に絵本配信 NTTが商用化 映像や音声も »