« ポケットモンスター ダイヤモンド・パール | トップページ | アーミッシュ(アマン派) キリスト教 アメリカ »

高倉健さん CD『南極のペンギン』を朗読

南極へも行った。北極へも行った。いろんなことを、見たり、聞いたりした。これから、そんな話をしよう―。俳優の高倉健さん(75)が、自作エッセーを朗読するCD『南極のペンギン』が19日に発売される。

Takakurakenもともとは目の不自由な子どもたちのために自主制作し、無料配布していたもの。静かな話題を呼び、市販されることになった。

朗読のテキストは、高倉健さんが2001年の70歳の誕生日に出版した美しい仕上がり同じ題の本。

「アフリカの少年」「北極のインド人」など、40余年の映画人生活の体験をもとにつづったものだ。2003年には文庫化され、視覚障害者団体から「点字本を出したい」という依頼が届いた。

「もっと役に立つ方法はないかな」と考えた高倉健さんは旧知の作曲家宇崎竜童さん(60)に相談、手弁当でのCDづくりで意気投合した。


|

« ポケットモンスター ダイヤモンド・パール | トップページ | アーミッシュ(アマン派) キリスト教 アメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/12191737

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健さん CD『南極のペンギン』を朗読:

« ポケットモンスター ダイヤモンド・パール | トップページ | アーミッシュ(アマン派) キリスト教 アメリカ »