« YouTubeがワーナーと提携、音楽を無料・合法配信へ | トップページ | アフィリエイト 成功報酬型ネット広告に抵抗感なし »

デジタルラジオ計画が白紙に 在京民放ラジオ局5社

テレビのVHF帯の電波を使って、CD並みの音質で画像も見られるデジタルラジオ放送をめざしてきた在京民放ラジオ局5社は、準備作業を取りやめる。

Desitalradio 佐藤重喜・文化放送社長が記者会見で「割り当てられる周波数帯が不確定になった。しばらく様子をみて対応を考える」と表明。2003年に試験放送を始め、年内の本放送をめざしたデジタルラジオ計画は白紙に戻った。

デジタルラジオは、民放テレビの電波が2011年以降にUHF帯に移ることで空くVHF帯(4~12チャンネル)を活用する計画だった。

だがその後、この周波数帯を使いたいという希望が他の通信・放送各社から寄せられ、調整が必要になっていた。


|

« YouTubeがワーナーと提携、音楽を無料・合法配信へ | トップページ | アフィリエイト 成功報酬型ネット広告に抵抗感なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/11969186

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルラジオ計画が白紙に 在京民放ラジオ局5社:

« YouTubeがワーナーと提携、音楽を無料・合法配信へ | トップページ | アフィリエイト 成功報酬型ネット広告に抵抗感なし »