« 経済産業省;電気・ガス製品の安全管理にICタグ | トップページ | インドIT大手:インフォシスが創設25周年 »

中国が海外アニメ放映禁止@ゴールデンタイム

中国政府は13日までに、日本など海外のアニメ番組をゴールデンタイムに放映することを9月1日から禁止する方針を決定。全国のテレビ局に通知した。中国紙、北京青年報が13日に報じた。

中国では日本のアニメ番組が圧倒的に人気を集めており「日本文化に若者が感化されてしまう」と警戒感を示す声が高まっている。今回の措置はこうした懸念に応えるとともに、自国の「貧弱」なアニメ産業を保護育成する狙いがあるとみられる。

禁止方針を決めたのは中国国内の映画や放送を管理する国家ラジオ・映画・テレビ総局。同局の「アニメ番組の放送基準に関する通知」は、午後5時から同8時までの間は、海外アニメ番組の紹介なども禁じている。

となりのトトロ

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

TVアニメーション「プリンセス・プリンセ...

1,995円 / フロンティアワークス・アンテナショップ

|

« 経済産業省;電気・ガス製品の安全管理にICタグ | トップページ | インドIT大手:インフォシスが創設25周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/11425613

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が海外アニメ放映禁止@ゴールデンタイム:

» 北京の仏教徒、お経の印刷で懲役刑4年の刑 [博士の独り言]
 北京在住の仏教信者・雷大勇氏は今年2月、無許可で経典や仏教資料を印刷したとして4年の懲役刑を言い渡された。大紀元紙(8月9日)に報じられているので紹介したい。中共はこの種の言論統制は綿密に行うが、文明国家として持つべき人命軽視や環境破壊、偽造や密造等の犯罪に対する対処は極めて寛大である。... [続きを読む]

受信: 2006/08/14 11:25

« 経済産業省;電気・ガス製品の安全管理にICタグ | トップページ | インドIT大手:インフォシスが創設25周年 »