« 8月の修正パッチにIEが不正終了 | トップページ | 中国が海外アニメ放映禁止@ゴールデンタイム »

経済産業省;電気・ガス製品の安全管理にICタグ

パロマ工業製の湯沸かし器の事故などを受け、経済産業省はガス製品や電気製品などの生活用品にICタグ(電子荷札)をつけ、修理などの履歴を記録して安全管理に生かす検討を始めた。

Ictag 中古品を買う消費者や製品を点検するガス会社などが過去にどのような故障や修理があったかを知ることができるようにし、危険な製品を締め出す狙いだ。来年度予算の概算要求に約1億円を盛り込み、実証実験に乗り出す方針だ。

ICタグは超小型のIC(集積回路)チップを組み込み、多くの情報を記録。読み取り装置などでデータを確認する。

経済産業省は、製品を販売・出荷する際にICタグに情報を記録するほか、いつ、どのような修理を施したかを記録できるようにしたい考えだ。

|

« 8月の修正パッチにIEが不正終了 | トップページ | 中国が海外アニメ放映禁止@ゴールデンタイム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/11424911

この記事へのトラックバック一覧です: 経済産業省;電気・ガス製品の安全管理にICタグ:

« 8月の修正パッチにIEが不正終了 | トップページ | 中国が海外アニメ放映禁止@ゴールデンタイム »