« オールアバウトフィナンシャルサービスの運命や‥ | トップページ | 国立国会図書館;近代資料をサイトに公開 »

美術館で iPodで 音声ガイドで 解説を聴く

iPodアイポッド対応の音声ガイドを提供する美術館が、米国で増えている。訪問前にウェブサイトでダウンロードし、見学中に再生して、美術品に関する解説を聴く。

Onseiguido美術館の音声ガイドは従来、有料の専用機を貸し出すのが一般的だったが、iPodアイポッドを使えば、訪問者は専用機の料金を支払う必要がなく、美術館側も専用機のメンテナンス、充電の手間がはぶけ、「コストを削減できる」という。

6年に及ぶ修復を終えたワシントンのスミソニアン・アメリカ美術館では映像を含むiPodアイポッド用の館内ガイドを用意。インディアナポリス美術館やカリフォルニア州オレンジカウンティ美術館でも、ダウンロード用の音声ガイドを提供している。

第三者が作成した“裏ガイド”もあり、批評家リー・シーゲルさんによる「ニューヨーク・メトロポリタン美術館における過大/過小評価作品」などが出回っている。

宮崎駿とジブリ美術館
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
パリ・ルーヴル美術館の秘密
レントラックジャパン

|

« オールアバウトフィナンシャルサービスの運命や‥ | トップページ | 国立国会図書館;近代資料をサイトに公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/11689090

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館で iPodで 音声ガイドで 解説を聴く:

» ipod nano 8GB [アイポット ナノの使い方]
突然のトラックバック失礼いたします。ipod nanoの8GBが、出ると噂がでているけどその中で、動画はあの大きさでい大じょうぶかな?と思ったけど今の大きさで行けるのでは! [続きを読む]

受信: 2006/09/07 23:28

« オールアバウトフィナンシャルサービスの運命や‥ | トップページ | 国立国会図書館;近代資料をサイトに公開 »