« IIJのIIJマネージドIPSサービスで防ぐ | トップページ | NAMAAN;オーバーチュアの検索連動型広告を表示 »

京都地裁;Winny開発者に懲役1年求刑

著作権法違反幇助の罪に問われたファイル交換ソフトWinnyの開発者・金子勇氏の論告求刑公判が3日、京都地方裁判所で行なわれたが、検察側は金子氏に対し著作権法違反の幇助により懲役1年を求刑した。

この裁判は、Winnyを利用して映画やゲームの著作権ファイルを送信可能な状態にしていたことが著作権法違反として、2003年11月に男性2人が逮捕された事件について、Winnyを開発した金子氏が著作権法違反幇助にあたるとして争われているもの。

先に逮捕された2人については、著作権法違反でいずれも懲役1年、執行猶予3年の有罪判決となっている。

|

« IIJのIIJマネージドIPSサービスで防ぐ | トップページ | NAMAAN;オーバーチュアの検索連動型広告を表示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10780265

この記事へのトラックバック一覧です: 京都地裁;Winny開発者に懲役1年求刑:

» まだWinny~、またWinny~ [misaranノート]
また…、というか、まだ!、『Winny』問題が勃発しているのですね。これだけ「危険だよ」と世間が騒いでおきながら、まだ被害に遭う人が後を立たないということはどういうことなんでしょうかねえ。昨日今日危険なことがわかったのならともかく、もうずっとまえからテレビも、メディアも、ネットも、知人も警鐘を鳴らしているのですから。知ってて使っている人ならともかく、いまだに「知らない」人がいるというのは、ここまできたらもう知らないほうが悪いものでしょう。もちろん世の中は大半の人は専門家ではないですから、実際にどこが... [続きを読む]

受信: 2006/07/04 08:50

» 「Winny」作者に懲役1年求刑 [ネットカルチャー概論]
いま日本でもっとも話題のソフト「Winny」の作者である金子勇氏が、著作権法違反幇助の罪で懲役1年となった。 朝日新聞によれば、検察側は「Winny」の様々な問題点を挙げ金子氏の罪の重さを主張した。 「違反行為を助長す... [続きを読む]

受信: 2006/07/04 10:59

» ウィニーがあなたの会社を潰す日 [ ウィニー対策10の勘所]
ウィニーを使わなければ安全と思い込んでいませんか? 漏えいした情報の回収方法と対策の肝をお教えします。 それを知りたい方は、他にいませんか? ※これからもウィニーを使い続けるつもりの方や、ウィニーやAntinnyを削除したからもう安心とお思いの方は、読まないで下さい。ショックを受けますから。 ... [続きを読む]

受信: 2006/07/08 21:15

« IIJのIIJマネージドIPSサービスで防ぐ | トップページ | NAMAAN;オーバーチュアの検索連動型広告を表示 »