« グーグル;AdWords変更⇒クリック詐欺数把握 | トップページ | KDDI: auも音声定額サービス開始 »

サイバーテロ対策:国交省・警察庁など最低評価

政府は25日情報セキュリティ政策会議(議長・安倍官房長官)を首相官邸で開き、省庁の情報安全対策に関して実施した検査の評価を公表。地方を含む全19府省庁の公用パソコン46万台を中心にA~Dの4段階で評価。

Winnyウィニーを介した政府機関などの機密情報流出やサイバーテロを防ぐため、政府は情報管理強化を徹底してきたが、安倍官房長官は「到底十分な水準とは言えない。閣僚に対策を促したい」と述べた。

Security1 検査は、昨年12月に会議が決めた基準で内閣官房が実施、今年3月末時点での不正プログラム対策や情報保護対策などを点検した。

宮内庁、警察庁、外務、法務、厚生労働、国土交通の各省が「不備が相当数見られるなど対策が著しく遅れている」とD評価。B評価は内閣官房、金融庁、環境省で、ほかはすべて「不備が一部に見られるなど対策が遅れている」(C評価)だった。A評価はゼロ。

               こちらもどうぞ⇒エッセー集

|

« グーグル;AdWords変更⇒クリック詐欺数把握 | トップページ | KDDI: auも音声定額サービス開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/11113405

この記事へのトラックバック一覧です: サイバーテロ対策:国交省・警察庁など最低評価:

» 政府機関のパソコン管理はザル状態 [NOTEnet NEWS]
パソコン管理、全省庁「不合格」(NIKKEI NET) サイバーテロ対策、国交省、警察庁など最低評価(asahi.com) なってない情報管理、外務省や警察庁など6省は最低(YOMIURI ONLINE) [続きを読む]

受信: 2006/07/27 11:44

« グーグル;AdWords変更⇒クリック詐欺数把握 | トップページ | KDDI: auも音声定額サービス開始 »