« 三菱電機;GPS受信感度を向上・ビル内でもOK | トップページ | ガイアックス;台湾のネット企業に出資 »

メモリーカード;半年で3割ダウン

デジタル家電などの調査会社、BCNが家電量販店23社の販売データを元にSDカードなどのメモリカードを1メガバイト当たりの単価を割り出した結果、1月に14.1円だった単価は6月に9.4円に下落。

その下落率はわずか半年で33.3%にも達したことがわかった。BCNではメモリカードの商品特性について、「差別化しにくい商品。価格勝負にならざるを得ない」とみている。

このため、「大容量化が進んでも、価格を上げづらいのではないか」とみている。単価の下げ止まり感は当分の間、出てきそうにない。ただ需要は旺盛で、6月の販売動向では前年同月比で10.7%増と快走している。

メモリカードは携帯電話やデジタルカメラ、携帯音楽プレーヤーといったデジタル家電の記録媒体の主流、そのニーズは高まるばかりだ。

|

« 三菱電機;GPS受信感度を向上・ビル内でもOK | トップページ | ガイアックス;台湾のネット企業に出資 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10978584

この記事へのトラックバック一覧です: メモリーカード;半年で3割ダウン:

« 三菱電機;GPS受信感度を向上・ビル内でもOK | トップページ | ガイアックス;台湾のネット企業に出資 »