« イギリスBTとKDDIが合弁・国際通信サービス | トップページ | Windowsを受容するLinuxXandros 4.0 »

ドイツW杯ワールドカップ&東芝

ドイツの首都ベルリンなど12会場で、参加32か国がしのぎを削る2006FIFAワールドカップW杯ドイツ大会、日本の初戦がまさかこんな形で結末を……。

世界中から集まった記者たちの本拠地メディアセンターを支えるのが東芝、2002年日韓共催の2002 FIFAワールドカップに引き続き、東芝ドイツ大会でもオフィシャルITパートナーを務める。

ドイツは、世界で300‐400億人が観戦するワールドカップを世界最大のスポーツイベント、世界最大のITイベントと位置づけ、日本・欧州の現地法人が総力を上げて大会をバックアップする。

|

« イギリスBTとKDDIが合弁・国際通信サービス | トップページ | Windowsを受容するLinuxXandros 4.0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10688951

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツW杯ワールドカップ&東芝:

« イギリスBTとKDDIが合弁・国際通信サービス | トップページ | Windowsを受容するLinuxXandros 4.0 »