« ITベンチャーのインターンシップ | トップページ | 光ファイバ料金値下げ報道を否定 »

Skype OfficeツールバーをOffice文書に

Skypeは、Microsoft Office用プラグインSkype Officeツールバーのベータ版をリリースした。                                              Office文書に記載された電話番号から直接Skypeを利用できる機能を提供する。

WordやExcel、PowerPointの文書に記載されたSkype名や電話番号を認識し、Skypeを使って通話発信できるようになる。                                 編集中のファイルをSkypeコンタクトリストに載った人に送信したり、文書の作成者のプレゼンスを確認してSkypeを使って直接連絡を取ることも可能だ。

Skypeは、Skype自身の機能拡張に努める一方、Skype WebツールバーSkype Emailツールバーをこれまで発表している。                               Webやメール内のSkype名や電話番号を認識し、直接Skypeの通話機能を利用する戦略を拡大しており、今回のSkype Officeツールバーもその戦略に沿ったものだ。

Skypeは企業内でのSkypeの利用を促進するためのサービスも行なっており、一連の戦略によって企業内コミュニケーションツールとしての付加価値も向上させている。

|

« ITベンチャーのインターンシップ | トップページ | 光ファイバ料金値下げ報道を否定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10472527

この記事へのトラックバック一覧です: Skype OfficeツールバーをOffice文書に:

« ITベンチャーのインターンシップ | トップページ | 光ファイバ料金値下げ報道を否定 »