« Google Earth4のメジャーアップデート公開 | トップページ | 6月の月例パッチをリリース-脆弱性に対応 »

マイクロソフト対グーグル⇒宿命の対決

当面の宿命のライバルであるマイクロソフトグーグル、地球に優しいのは?

インターネット利用者の心をつかもうと、グーグルマイクロソフトとの間の競争が過熱している。                                                                                                  そんななか、どちらの企業が地球を救うことに長けているかが注目を集めつつある。

世界でもトップクラスのインターネットサイトを持つグーグルマイクロソフトは、疑うまでもなく、データセンターとその冷却システムを稼働させるために大量の電力を消費している。                                                                                                            しかし事業運営のために必要とする電力を別とすれば、両社とも米国産業界では屈指の、環境保護活動に積極的な企業でもある。

両社はプリウスを購入するための補助金を出したり、ソーラーパネルを設置したり、会社のカフェテリアでホルモンフリーのチキンを提供したりしている。                                 また、両社はSierra Clubやオーガニック農家、Al Gore氏が喜びそうな様々なことを実行に移しているのだ。

地球に優しいのはどちらかを決めるのは不可能に近い。                                        少なくとも、IT業界の重鎮である両社が、地球に優しいポリシーの策定を重視してきたことは間違いないようだ。

|

« Google Earth4のメジャーアップデート公開 | トップページ | 6月の月例パッチをリリース-脆弱性に対応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10518663

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト対グーグル⇒宿命の対決:

« Google Earth4のメジャーアップデート公開 | トップページ | 6月の月例パッチをリリース-脆弱性に対応 »