« ナンバーポータビリティー=番号持ち運び制とシェア争い | トップページ | Google;アフィリエイト広告Cost-Per-Actionをテスト »

カンボジアで地雷除去の実証実験へ

雷にほえるロボットブルドックを使いカンボジア地雷除去の実証実験へ。

川崎重工は21日、ロボットの遠隔操作技術や電子制御技術を採り入れて開発した地雷除去システムBULLDOGブルドッグシステムの実証試験を、7月からカンボジアで実施すると発表した。

今回の実証試験は、川崎重工が2004年から2005年にかけてアフガニスタンで実施した地雷除去実証試験を経て改良したBULLDOGシステムをカンボジアの実地雷原に持ち込み、実際に地雷除去等を行うことにより、現地の植生や土壌、地形などに適合したシステムを開発することを目的とする。

アフガニスタンと同様、日本政府による無償資金協力事業の一環として実施される。

|

« ナンバーポータビリティー=番号持ち運び制とシェア争い | トップページ | Google;アフィリエイト広告Cost-Per-Actionをテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10636624

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアで地雷除去の実証実験へ:

« ナンバーポータビリティー=番号持ち運び制とシェア争い | トップページ | Google;アフィリエイト広告Cost-Per-Actionをテスト »